こども里山自然学校

夏の教室 | 冬の教室

冬の教室(平成29年12月26日から29日)

4日目(12月29日)

いよいよ最終日。
振り返ってみると、お天気にも恵まれ、里山で思いっきり楽しんだこの4日間・・・。ともに生活し、絆を深めたお友達と離れてしまうのは寂しいけれど、川場村での再会を約束するその表情は、少したくましくなったように感じられます。お友達やリーダーとの絆と、楽しい思い出を胸に、冬の教室が終了しました。

ページ上部へ



3日目(12月28日)

川場の「冬」・・・といえば、やっぱり雪遊びですね。
雪の中で大はしゃぎする子ども達は、何も言わなくても、いろんな遊びを思いつきます。その発想力は、時に大人も驚かされるほど。大自然の中で遊ぶことは、楽しさと同時に多くの学びもあります。
また夕食は、みんなで協力して鍋を作りましたが、それぞれの班が作業を分担し、テキパキと進める様子は、この期間でチームワークが高まった証です。
そして最終夜は、各班やリーダーの様々な企画で大盛り上がり。昨日作った松明も活躍し、キャンプファイヤーの火を囲んで、みんなが一つになりました。
あっという間に3日が過ぎ、明日は最終日。楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいますね。

ページ上部へ



2日目(12月27日)

待望の雪です!! 深々と降り、あっという間に積もった雪に、子ども達は大はしゃぎ。そんな中、友好の森で一番大きな杉の木を目指して、新雪でフカフカの森を散策です。また、そこで拾い集めた杉の葉と、まるごと滞在記の高校生が調達してくれた竹を使い、松明をつくりました。
時間が経つにつれて雪の量も増し、夕方までに約30cmの積雪量。これで、明日は雪遊びが出来ますね。

ページ上部へ



1日目(12月26日)

いよいよ冬の教室がスタートしました。
前日に降っていた雪は、思いのほか里に積もらず、うっすら白くなる程度・・・。今後の雪に期待したいところです。
そんな初日は、一緒に過ごすお友達を知るためのプログラム。最初は緊張していた様子でしたが、少しずつお友達の輪が広がってきました。そして、雪がちらつく中に垣間見た星空は、子ども達も感激した様子でした。明日から本格的な活動です。寒さに負けず元気に活動し、川場村の冬を思いっきり満喫していただけたらと思います。

ページ上部へ



夏の教室(平成29年8月7日から11日)

5日目(8月11日)

自然と触れ合い、たくさん遊んで学んだこの5日間は、皆さんにとってかけがえのないタカラモノとなったことでしょう。
ここで出会えた仲間との絆を大切に、また川場村でお会いしましょう。

ページ上部へ



4日目(8月10日)

引き続きお天気に恵まれた4日目は、「プチ里山冒険」です。宮林校長のお話を聞きながら、いろんな樹木を集めて、「子ども樹木博士」を目指します。
昼食は、高校生が頑張った成果「流しそうめん台」で、大盛り上がり。ついつい食べ過ぎてしまいそうな、楽しい昼食となりました。
また、夏の教室最後の夕食は、みんなでバーベキュー。前日の「里山の川と生きもの」に続き、川場産ブランド魚のギンヒカリ活魚を、さばいて焼いて・・・。とても大きなニジマスに驚きながらも、美味しく頂きました。
そして、フィナーレは期間中に各班で考えた出し物の発表会。時間が経つにつれて、お別れの時が近づいてきているのを感じている子ども達。
明日は、いよいよ最終日です。

ページ上部へ



3日目(8月9日)

格別に青く澄んだ台風一過の空に、子ども達の気持ちも高まっているようです。
今日は、中学生が川場まるごと滞在記と合流し、小学生は村内に出かけました。
テーマは、「里山の川と生きもの」です。村内にある群馬県水産試験場にお邪魔して、川場村特有の魚のお話を聞かせていただきました。
そして、「夏」といえば、やっぱり川遊びですね。今日は特に暑かったので、とても気持ちよさそうに遊んでいた子ども達。夜には満天の星空も見られ、盛りだくさんの一日になりました。

ページ上部へ



2日目(8月8日)

台風の影響からか、雨が降ったり止んだりの2日目。避暑地を求め、里山に来ているトンボも、木陰で一休み。そんな中、今日は屋内で体を動かし、各班の団結力を高めました。
そして、皆さんの願いが通じたのか、雨が上がった頃には、夕食づくりに取り掛かりました。
みんなで協力しての火おこし、出来上がったカレーは格別の味で、みんなが笑顔になります。明日は、青空が見られることを願います。

ページ上部へ



1日目(8月7日)

待ちに待った「夏の教室」がスタートしました。
何度も参加している子も、初めて参加する子も、初日はちょっと緊張気味です。
でも、様々な体験を通じて、絆が深まります。
この5日間は、思いっきり遊んで、たくさん学んで、そして仲間との絆を深めていただけたらと思います。